パイルファブリック

パイルファブリック

世界遺産にも登録されている高野山のふもとにある高野口パイルファブリック産地。

古くから綿織物の産地として知られていましたが、大正時代に入ってカットパイル(シール)生地を量産する産地となりました。 シール(SEAL)
とはアザラシの毛皮という意味があり、パイル糸の光沢感がアザラシの毛皮に似ていることから名付けられました。

高野口産地の特色は、織りと編みの両方があり、ベロア、フェイクファー、ジャカードモケット、再織(シェニール織)、など様々な種類の有毛
テキスタイル
を生産しています。さらに用途はアパレル、ファッショングッズ用ばかりでなく、毛布、シーツなどの寝装用途、カーテンやソファー
などのインテリア用途、車両向けシート資材から産業資材用途まで幅広く展開しています。

品質にも定評があり、パリコレクションやニューヨークコレクションなどの海外コレクションブランドや国内有名ブランド、有名家具ブランドも
高野口産地の生地を採用しています。

高野口パイルファブリック産地は、「新しい伝統の創造」をコンセプトにした「JAPANブランド育成支援事業」に採択されました。 地域の中小企
業ならではの価値を「進化」させ、「匠の品質」「用の美」「地域の志」をテーマにした商品開発に取り組んでいます。